【V6の学歴まとめ】高校・中学校・小学校の偏差値・学生生活・中退理由などを徹底調査!

2020年11月1日でデビュー25周年を迎えるV6。

いまや俳優、MC、バラエティとマルチに活躍する6人ですが、V6の代表作といえばなんといっても1997年から2005年まで放送されたTBS系『学校へ行こう!』ですよね。

番組が終了しても人気は依然として高く、近年では年に一度スペシャル番組として帰ってきています。たくさんの学生と触れ合ってきたV6ですが、メンバーの学歴はどうなのでしょうか。

今回は、V6メンバー6人の学歴についてご紹介します。

V6の高校ランキング

V6の高校ランキング1位:坂本昌行 

  • 昭和第一高校(偏差値46)
  • 住所:東京都 文京区 本郷1-2-15

坂本昌行が高校生だった時には男子校でしたが、現在は共学化されている私立の高校です。

卒業生には、俳優の佐藤浩市や福士誠治、歌手であるミスターチルドレンのメンバー鈴木英哉などがいます。

坂本昌行は中学校から引き続き高校時代もバレーボール部に所属していました。

運動神経がよく、部活内でも活躍していたようです。

そのため、V6のデビュー当時に放送されていた6人が主演のドラマ『Vの炎』でもバレーボールの指導係に任命され、Coming Century(以下、カミセン)を指導していたというエピソードを明かしています。

高校1年生の時にジャニーズ事務所へ応募し、入所することとなりましたが、当時は先輩のバックを務めたり、レッスンに通ったりするなどしか活動しておらず、普通の高校生として学校生活を楽しむことができたようです。

しかしながら、高校卒業と同時にアイドルとしての限界を感じ、一度ジャニーズ事務所を辞めて、旅行代理店に就職したという珍しい経験をしています。

辞めたものの、TOKIOの国分太一が坂本昌行に連絡したことから再度ジャニーズのアイドルとして頑張ることを決意し、V6としてデビューすることができたという話はファンの間ではあまりにも有名な話となっています。

V6の高校ランキング2位:岡田准一

  • 堀越高校(偏差値41)
  • 住所:東京都中野区中央2丁目56−2

岡田准一は、誰もが知る芸能人御用達の高校、堀越高校の出身です。

メディアでも度々取り上げられていますが、親友である俳優の高橋一生とは同級生でした。

2人は最初全く仲良くなかったものの、テスト勉強を一緒にすることになったことをきっかけにお互いの家を行き来するまでの仲になり、それ以来いつか2人で共演することを夢見て切磋琢磨してきました。

実際、共演できたのは、岡田准一が主演を務めたNHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』でした。高校時代は、すでにV6としてデビューしていた岡田准一は、多忙な毎日を送っていました。

学業を優先して仕事に行っていたこともあり、高校3年間をサポートしてくれたメンバーや関係者に謝していると後に述べています。

母子家庭だった岡田准一は、学費を自分で工面していたようで、家族思いだったようです。ちなみに、高校生の間に身長がなんと20㎝も伸びたようで、本人も驚いたエピソードとなっています。

V6の高校ランキング3位:井ノ原快彦

  • 科学技術学園高校(偏差値38)
  • 通信制のため住所なし

卒業したのは科学技術学園高校ですが、実はもともと通っていたのは三宅健と同じ東海大学附属聖望高校でした。

当時はジャニーズJr.としての活動でしたが、高校2年生の時にはドラマ『ツインズ教師』でレギュラー出演を果たしたり、翌年にはTOKIOの松岡昌弘や長瀬智也とともにドラマ『アリよさらば』にも主演したりと忙しい日々を送っていました。

また、もともと勉強好きではなく、テストでの成績もよくはなかったこともあり、聖望高校を自主退学しています。

その後V6としてデビューし、スターの階段を上っていった井ノ原快彦ですが、自身の父親と30歳までに高校を卒業するという約束をしており、見事27歳の時に通信制の科学技術学園高校に入学し直し、無事に卒業をしています。

その様子は、V6の人気バラエティ番組『学校へ行こう!』でも取り上げられていました。父親との約束を見事に果たしたイノッチ、忙しい中素晴らしい挑戦ですよね。

V6の高校ランキング4位:長野博

  • 神奈川県立綾瀬西高校(偏差値36)
  • 住所:神奈川県 綾瀬市 早川1485-1

神奈川県綾瀬市にある公立の高校を卒業しています。卒業生には、タレントのさかなクンやお笑い芸人のドランクドラゴン鈴木拓、女優の川栄李奈などがいます。

長野博の実家は、自転車屋であることは有名な話ですが、なんと高校時代には高校までの10㎞の距離を毎日自転車で往復して通っていたというエピソードがあります。

高校時代は、ジャニーズJr.としての活動をしていましたが、デビューできるのか、このままジャニーズにいてもいいのかという不安があり、高校卒業後岩崎学園情報科学専門学校へ進学しています。

しかしながら、ジャニーさんからの電話がきっかけでジャニーズ事務所へ復帰することとなり、その後V6メンバーに選ばれ、見事デビューを勝ち取ったという珍しい経験の持ち主です。

V6の高校ランキング5位:森田剛

  • 埼玉県立岩槻北陵高校【中退】(偏差値31)
  • 住所:埼玉県 さいたま市岩槻区 慈恩寺117-2

埼玉県出身の森田剛の出身高校は、岩槻北陵高校です。

森田剛はサッカーが得意であるというのは、ご存知の方も多いことかと思いますが、高校でもサッカー部に入部していました。

しかしながら、高校生の頃にはすでにV6としてデビューしており、休みもないほど忙しい毎日を送っていたため、学校になかなか通うことができず、入学からわずか半年後に中退しています。

V6の高校ランキング6位:三宅健

  • 東海大学附属聖望高校【中退】(偏差値なし)
  • 住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-10-1

三宅健が通っていたのは、前述のとおり井ノ原快彦と同じ東海大学附属聖望高校です。

母子家庭であり、中学校までは母親の故郷である香川県高松市で生活していましたが、中学2年生の時にジャニーズ事務所へ入所し、高校生の時にはすでにV6としてデビューしていたため、高校は都内へと進学しました。

しかし、やはり多忙により学校へ通うことが難しくなってしまったため、中退しています。

V6の中学校

V6メンバーのそれぞれの出身中学校を調査すると、全て偏差値の記載がないため、出身中学校でのランキングはつけることができません。

以下、メンバーの出身中学校の情報を記載します。

坂本昌行

  • 江東区立第三亀戸中学校
  • 住所:東京都江東区亀戸1丁目12-10

坂本昌行の中学時代のエピソードは本人の口からもあまり語られていません。

バレーボール部に所属し、身体能力を発揮して活躍していたことから、高校へ進学してもバレーボール部へ入部したようです。

当時は全く頭にはなかったことだとはいえ、のちにV6としてデビューする際にバレーボールが得意であることが武器になるなんて、すごいですよね。

長野博

  • 神奈川県大和市立鶴間中学校
  • 住所:神奈川県大和市下鶴間3016

長野博がジャニーズ事務所へ履歴書を送ったのは中学2年生の時でした。

当時、シブがき隊の大ファンだった姉が応募したようで、家族が勝手に履歴書を送るというのはジャニーズあるあるですよね。

見事合格した長野博はジャニーズJr.として活動をスタートさせました。

学校生活では、サッカー部に所属し、ジャニーズJr.としてのレッスンはあったものの充実した学校生活を送っていたようです。

井ノ原快彦

  • 品川区立八潮中学校(現在の品川区立八潮学園)
  • 住所:東京都品川区八潮5丁目11-2

小学6年生の時にはすでにジャニーズJr.として活動していた井ノ原快彦は、中学へ進学してからもレッスンと学校の両立に励んでいました。

井ノ原快彦の中学時代のエピソードについて、バラエティ番組『あいつ今何してる?』に出演した際、同級生が語っています。

クラスのみんなを笑わせてくれるような、おちゃらけた性格で、国語の教科書を朗読する際には身振り手振りを交えながらまるで舞台俳優のように読み上げていたとのこと。

また、まじめな一面もあり、誰もやりたがらなかった生物係を引き受け、毎朝7時30分に登校して、係の仕事を全うしていたというエピソードも披露されました。

残念ながら成績は芳しくなかったようで、勉強嫌いであったようですが、おちゃらけているけれど、まじめで筋を通す一面を持っているのはイノッチらしいですよね。

バレンタインデーには、ジャニーズ事務所には段ボール3箱分のチョコレートが届いていたのにも関わらず、学校ではモテていなかったなんていうエピソードもあるそうです。

森田剛

  • 春日部市立豊春中学校
  • 住所:埼玉県春日部市南中曽根107番地2

幼いころからスポーツが得意だった森田剛は、中学校でサッカー部に所属していました。

中学1年生の頃、ジャニーズ事務所へ入所しており、ジャニーズJr.としての活動を始め、三宅健とともに「剛健コンビ」と呼ばれる絶対的センターの位置を手に入れます。

ジャニーズJr.としての活動があまりにも忙しすぎたこともあるのか、中学時代のエピソードはあまり知られていません。

ジャニーズJr.が初めて単独コンサートを開催した際、三宅健とともにセンターを務め、当時の後輩ジャニーズJrの誰もが一目置く存在であり、極めて異例な存在でした。

三宅健

  • 香川県高松市立紫雲中学校
  • 住所:香川県高松市紫雲町8-25

三宅健は母子家庭だったため、母親の故郷である香川県高松市で中学時代を過ごしています。

裕福ではなかったため、新聞配達のアルバイトをして家計を助けていたそうです。

叔母の勧めによりジャニーズ事務所へ履歴書を送り、見事合格し、ジャニーさんからは特別気に入れられていました。

そのため、ダンスレッスンが免除されていたり、入所後すぐにSMAPのコンサートに出演したりと超エリートジャニーズJr.と言われていました。

ジャニーズ事務所へ入れば、中学生でありながらも家計を助けることができると考えていたというエピソードもあり、とても家族思いな一面もあります。

岡田准一

  • 大阪府枚方市立第一中学校 → 港区立三河台中学校(現在の港区立六本木中学校)
  • 住所:大阪府枚方市渚東町2-1 → 東京都港区六本木6丁目8-16

V6の中で最年少の岡田准一がジャニーズ事務所へ入るきっかけとなった『天才!たけしの元気の出るテレビ』に出演したのが中学2年生の時でした。

それまでは普通の中学生としての生活を送っており、ラグビー部に所属していました。ラグビー部への入部理由は、当時太っていたためダイエットをしたかったから。

身長も小さかったため、ポジションはスクラムハーフでした。当時のラグビー部顧問の先生を尊敬しており、教師になりたいという夢を持っていたそうです。

V6の小学校ランキング

中学校同様、V6メンバーの出身小学校には偏差値の記載がないため、ランキングを作成することはできませんでしたが、メンバーの出身小学校をご紹介します。

坂本昌行

  • 江東区立香取小学校
  • 住所:東京都江東区亀戸4-26-22

坂本昌行は、両親と兄が2人いて、3人兄弟の末っ子です。

幼少期は、甘えん坊で泣き虫だったようで、母や祖母にべったりいつもくっついていたというエピソードがあります。

V6ファンには有名な話ですが、実家は江東区亀戸にある青果店「坂本商店」です。

坂本昌行の父親トモジさんが経営しており、パンチパーマが有名でV6ファンからも親しまれています。

母親のハツエさんも青果店を切り盛りしており、店頭にV6のポスターを飾るなどもしていることから、この青果店はV6ファンにとっては聖地となっており、度々訪れるファンがいるようです。

坂本昌行の母親といえば、世界一のV6ファンとしても有名で、息子の昌行に関してはもちろん他のV6メンバーが出演している番組や雑誌のチェックもかかさずしているという情報があるほどです。

2人の兄は、トモカズさんとトモナリさんであり、ともに「トモ」が入っている名前であるため、坂本昌行は以前「マジで拾われたんじゃないかって、未だに何で付いたか、怖くて聞けてない」と語っていたことがあります。

兄弟喧嘩も絶えなく、一度も一番上の兄には勝てたことがなかったとのことです。

長野博

  • 神奈川県大和市立林間小学校
  • 住所:神奈川県大和市林間1-5-18

長野博の実家と言えば、「サイクルセンター長野」ですよね。家族は父親シュンパチさんと、母親フミコさん、兄、姉の5人です。

幼少期の長野博は引っ込み思案だった様子。人見知りも激しかったようで、今の長野博からは想像できないですよね。

小学校へ入学すると、人見知りもそこまではしなくなり、ボーイスカウトに入って学級委員をしたり、少年野球チームに所属したりと、活発な性格になりました。

自転車レースにも出場したことがあり、さすが自転車屋の息子ですよね。

井ノ原快彦

  • 品川区立八潮小学校(現在の品川区立八潮学園)
  • 住所:東京都品川区八潮5丁目11-2

井ノ原快彦は、両親と姉、弟の5人家族です。

出身は浅草であることは、よくメディアでも語られていますが、6歳からは品川区にある八潮団地に住んでいました。時々ジャニーズJr.時代のやんちゃなエピソードをテレビでも話していますが、幼少期もかなりやんちゃだった様子。

小学2年生からは空手を習っていて、なんと全国3位に入賞したこともある実力派です。そんなやんちゃで元気な少年井ノ原快彦ですが、実は小学4年生の時にクラス全員から無視された経験があることを告白しています。

当時の心境についてインタビューでは、「あのころの居場所、というより逃げ場は団地の自分の家でした。学校から帰ったら北斗の拳やコボちゃんの漫画をぼろぼろになるまで読んで、楽器なんてなにもできないのに、曲作って。逃げるって大切です。悩むより、アニメでもゲームでもいいから逃げ込めるものがあった方が楽しいでしょう。」と語っています。

誰からも愛され数々のMCも務める今の井ノ原快彦からは想像できませんが、いろいろな経験を経て今があるということなんですね。

森田剛

不明(中学校の学区を考えると、春日部市立豊春小学校、宮川小学校、八木崎小学校のいずれか)

森田剛の小学校についての情報は出てきません。幼少期について語られることも少なく、わかっていることは母と妹がいるということ。

森田剛は、母親が17歳の時に出産した子で、幼いときに離婚しています。母親は、韓国人とのハーフであることを母親自らブログで明かしており、埼玉県にてスナックを営んでいるそうです。

息子の名前を大胆にスナックで話しているとのことで、一部V6ファンからはスナックが聖地化されているものの、顰蹙を買ってしまっていることもある様子。

当の本人の森田剛は、長年そんな母親との関係はあまり良くなかったようですが、近年女優の宮沢りえと結婚したことをきっかけに、実家へ家族で帰省していたという情報もあり、少しずつ関係性は良くなっているのかもしれません。

三宅健

  • 香川県高松市立二番丁小学校
  • 住所:香川県高松市錦町2丁目14-1

神奈川県出身でありながら、母親の故郷である香川県へと移り住んだのは、父親が他界してしまったからでした。両親と弟の4人家族だった三宅健に突然不幸が訪れ、そこから家計を心配する日々が始まります。

とはいえ、小学生の時に塾や水泳などの習い事をしており、母親が一生懸命自分を育ててくれたことに深く感謝しているようです。

母親が水泳のコーチだったこともあり、水泳が得意で、V6としてデビューしてからも競泳の北島康介と対決したこともあるほどの実力があります。

岡田准一

  • 大阪府枚方市立殿山第一小学校
  • 住所:大阪府枚方市上野1丁目6-5

岡田准一が遊園地「ひらかたパーク」通称ひらパーの園長、ひらパー兄さんを務めているのも、大阪府枚方市出身だからですよね。

母子家庭に育った岡田准一は、母と姉の3人家族です。母も姉もピアノの先生をしており、岡田准一もピアノが得意であるため、時折コンサートでもその腕前を披露しています。

母は、幼少期からとても厳しかったそうですが、今となっては厳しく育ててくれたことに感謝していると岡田准一本人が語っています。

幼少期は本当に喋らない子だったようで、3歳で初めて話した言葉が「それは違うと思うな」だったそう。また、3歳で補助輪なしで自転車に乗れたなど脅威の身体能力を幼少期から発揮していました。

坂本昌行の学歴まとめ

坂本昌行は、江東区立香取小学校→江東区立第三亀戸中学校→昭和第一高校を卒業しています。

実家の青果店を手伝いながら、バレーボールの練習に打ち込んだ学生時代。

ジャニーズJr.になってからもデビューまで時間がかかり、一度就職するという苦労もしているからこそ、今の地位を築き上げることができたのかもしれません。

ミュージカルスターとしても活躍するするリーダー坂本昌行にますます注目です。

長野博の学歴まとめ

神奈川県大和市立林間小学校→神奈川県大和市立鶴間中学校→神奈川県立綾瀬西高校→岩崎学園情報科学専門学校を卒業しており、メンバーで唯一専門学校まで進学しました。

高校卒業後、一度ジャニーズから距離を置き専門学校へ通うも、ジャニーさんからの連絡でもう一度復帰することを決意した長野博。

ジャニーズ経歴が1番長く、いつも優しい眼差しでメンバーを見守ってくれるお母さんのような存在です。

これからも大好きなグルメを中心に活躍してほしいですね。

井ノ原快彦の学歴まとめ

品川区立八潮小学校→品川区立八潮中学校→東海大学附属聖望高校(中退)→科学技術学園高校を卒業しています。

やんちゃだった幼少期からは想像できないほど、お茶の間のスターになった井ノ原快彦ですが、父親との30歳までに高校卒業するという約束を守るなど、まじめで一度決めたことはやり遂げるという男らしい一面もあります。

デビュー当時は歳の差のあるトニセンとカミセンをつなぐ重要な役割をしてきた井ノ原快彦。

今や数々の番組MCを務め、国民的名司会者になりつつありますね。

そんな誰からも愛されるイノッチから目が離せません。

森田剛の学歴まとめ

小学校不明(中学校の学区を考えると、春日部市立豊春小学校、宮川小学校、八木崎小学校のいずれか)→春日部市立豊春中学校→埼玉県立岩槻北陵高校(中退)という学歴です。

スポーツ万能だった幼少期からサッカーで才能を発揮し、中学校からはジャニーズJr.として活躍し、絶大な人気を得ていました。

近年では舞台俳優としての地位を確立しつつある森田剛。

やんちゃなイメージから落ち着いた大人の素敵な男性へと変貌を遂げた森田剛の活躍に今後も期待していきましょう。

三宅健の学歴まとめ

香川県高松市立二番丁小学校→香川県高松市立紫雲中学校→東海大学附属聖望高校(中退)という学歴です。

幼少期に悲しい経験をし、家計を支えたいという家族思いな三宅健は、ファンやメンバーを誰よりも大切に思い、メンバーからも愛されています。

アイドルしてだけではなく、手話にも長けていて、NHKでは『みんなの手話』で番組パーソナリティを務めるなど活躍の場を広げています。

三宅健には、いつまでも若々しく素敵な笑顔の奇跡のおじさんでいてほしいですね。

岡田准一の学歴まとめ

大阪府枚方市立殿山第一小学校→大阪府枚方市立第一中学校→港区立三河台中学校→堀越高校を卒業しています。

幼少期はいつも黙っている静かな子だった岡田准一ですが、持ち前の身体能力の高さを活かして中学校ではラグビー部で活躍していました。

ジャニーズJr.としての経験がなく、すぐにデビューしたという稀な存在の末っ子メンバーですが、今や世間が認めるアカデミー俳優へと成長しました。

数々のドラマや映画に主演する岡田准一の俳優としての活躍はもちろん、V6として歌って踊るアイドル姿にも注目です。

 

以上、V6の学歴についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました