中田敦彦の学歴・学生時代は?高校や家族構成を調査!

芸人の学歴

オリエンタルラジオの中田敦彦は、クイズ番組に出演する機会も多く、高学歴ということで有名です。高学歴という中田敦彦ですが、どこの学校に通っていたか気になりますね。

そしてどんな学生時代を送っているかも気になるところです。今回は中田敦彦の学生生活について調査してみました。

中田敦彦の本名・年齢・身長・出身地

中田敦彦プロフィール

  • 本名:中田敦彦(なかだあつひこ)
  • 生年月日:1982年9月27日
  • 身長:173センチ
  • 出身地:大阪府高槻市

実は「なかたあつひこ」ではなく、「なかだあつひこ」が本名です。「なかた」のイメージが強いので、違和感がありますよね。

そして出身地は大阪府高槻市といわれていますが、生まれたのは佐賀県でした。しかし、生まれてすぐ大阪府に引っ越しをしているので、出身地は大阪府高槻市と公表されています。

父親が転勤族だった影響で、その後も山口、東京と引っ越しを何度か経験しました。

中田敦彦の大学はどこ?

中田敦彦大学

中田敦彦が通っていた大学は慶應義塾大学です。経済学部経済学科に入学しており、偏差値は75〜77の難関校と言われています。

第一志望は慶應義塾大学の法学部だったそうですが、残念ながら不合格でした。慶應義塾大学だけではなく、早稲田大学も受験しており、早稲田大学の法学部には合格していました。

慶應義塾大学の経済学部か早稲田大学の法学部の二択となり、最終的には慶應義塾大学の経済学部に決めています。

中田敦彦の大学時代

オリラジ

中田敦彦は大学在学中に芸人デビューをしています。相方の中森慎吾との出会いはアルバイト先でした。

中森慎吾とコンビを結成してから、NSCの東京校に入学しました。そしてNSC在学中にM-1グランプリで準決勝進出という快挙を成し遂げています。

しかし、中田敦彦は中森慎吾と遊ぶことが楽しく、大学の2年次と4年次に留年してしまいました。芸人としての活動が忙しかったことも、留年の原因です。

中田敦彦の高校はどこ?

中田敦彦高校

中田敦彦が通っていた高校は国立東京学芸大学附属高等学校です。偏差値は77で都内でも有名な進学校。卒業生のほとんどが難関大学に合格しています。

YouTubeの母校に訪問するという企画で訪問していたため、国立東京学芸大学附属高等学校で間違いありません。卒業して数十年経っているのに母校を訪問するなんて、それだけ母校を愛しているんでしょうね。

中田敦彦の高校時代

中田敦彦高校

中田敦彦の高校時代のエピソードで有名なのは勉強法ではないでしょうか。中田敦彦は夏休みに左右交互に眼帯をつけて片方の脳を休めながら、エンドレスで勉強しようとしました。

しかもベッドを壊し、体と椅子を縄で縛り、離れないようにするという徹底ぶりでした。その状態で30時間ノンストップで勉強をした中田敦彦でしたが、勉強のしすぎで倒れてしまいました。

医師からは「体は正常ですが、発想は異常です」と言われたそうです。また、高校時代の中田敦彦は友達がいなかったと語っています。

なんとコミュニケーションが苦手だったようで、人と話す練習のためにお笑い番組を見るようになりました。今芸人として活躍している中田敦彦のルーツは高校時代にあるんですね。

中田敦彦の中学校はどこ?

中田敦彦滝廉太郎

中田敦彦が入学した中学校は国立山口大学教育学部附属山口中学校でしたが、3年生に上がるときに国立東京学芸大学附属小金井中学校に転校しました。

入学当初は山口県に住んでいたため、山口県内でトップクラスのレベルを誇る国立山口大学教育学部附属山口中学校に入学。

当時は丸メガネをかけていたことから、「滝廉太郎」というあだ名で呼ばれていました。

しかし、父親の転勤の影響で東京に引っ越すことになり、中学3年生からは国立東京学芸大学附属小金井中学校に通学しています。

中田敦彦の中学校時代

中田敦彦中学

国立山口大学教育学部附属山口中学校に通っていた頃はサッカー部に所属していました。しかし、プロにはなれないと思った中田敦彦は転校と同時にサッカーを辞め、国立東京学芸大学附属小金井中学校では茶道部に所属しています。

中学時代からトップクラスの成績で、全国模試でも常に上位に入っていました。優秀な生徒でしたが、勉強でストレスが溜まることもあったとか。

そしてそのストレス発散方法がぶっ飛んでいると話題になりました。それは手から血が出るまで壁を殴ることでした。

中学時代には東京大学を目指していたので、かなりの勉強量をこなしていたのでしょう。何回壁を殴っても足りないくらい、ストレスが溜まっていたのかもしれませんね。

中田敦彦の小学校はどこ?

中田敦彦小学校

中田敦彦が入学した小学校は高槻市立芥川小学校でしたが、4年生に上がるときに山口市立大内小学校に転校。

父親の転勤がきっかけで、高槻から山口に引っ越したことで転校することになってしまったからです。小学生の頃はサッカー部に所属しています。

中田敦彦の幼少期の生い立ち

中田敦彦

中田敦彦は中学生の頃から東京大学への進学を目指し勉強に励んでいましたが、小学生までは活発な生徒でした。運動会では団長を務め、さらに騎馬戦の大将も務めていました。

みんなの前に立って引っ張るリーダー的存在だったようですね。しかも中田敦彦は小学生の頃から成績も優秀で、児童会長も務めていました。

頭がよく、元気で明るかったためか、小学生の頃は女子からモテモテだったそう。

中田敦彦の家族構成

中田敦彦家族

中田敦彦は父親、母親、弟の四人家族です。また、中田敦彦は結婚しており、子供が2人います。

妻はタレントの福田萌です。中田敦彦は父親も母親も真面目な人で、良い大学を出て大企業に就職することが幸せだと思っていました。

そう教えられていたのは弟も一緒だったようですが、2人とも弾けてしまったのか、兄弟揃って今は芸能界で活躍しています。

中田敦彦と弟の関係は?弟の仕事は?

中田敦彦弟

中田敦彦の弟は世界的なダンサーとして活躍しているFISHBOYの中田啓之です。年齢は中田敦彦の2つ下で、青山学院大学出身と弟も難関大学を卒業しています。

中田敦彦からは一緒にお笑い芸人にならないかと誘いを受けましたが、断ってダンサーへの道を進みました。弟は2014年に発表されて話題となった「RADIO FISH」のメンバーです。

また、オリエンタルラジオのネタとして有名な武勇伝のダンスも弟の影響を受けています。

弟が練習していたプレズノというダンスのステップを取り入れたのが武勇伝です。

中田敦彦と父親の関係は?父親の仕事は?

中田敦彦

中田敦彦の父親は保険会社に務めていると噂されています。出身大学は横浜国立大学。関東の国立大学でも有名な難関大学です。

転勤も多い職場だったので、大企業の社員と予想できます。中田敦彦が高校生だった頃、父親は一橋大学への進学を勧めていました。

そして東京海上に入社するように勧められています。中田敦彦の父親の仕事は東京海上とも関わりがあるのかもしれませんね。

中田敦彦の学歴まとめ!偏差値は?

中田敦彦まとめ

中田敦彦は小学生の頃から優秀な生徒で、中学校から難関校に通っていたことがわかりました。通っていた学校を見てみると、中田敦彦の偏差値は75〜80くらい。

今でも勉強は大好きで、予備校から講師のオファーも来ているとか。さらに関ジャニ∞の横山裕と大倉忠義が高卒認定試験を受ける際には家庭教師も務め、見事2人を合格へと導きました。

勉強好きということもあり、今後も様々なジャンルで活躍することが期待できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました