村上信五の出身高校・中学校はどこ?

関ジャニ∞の村上信五はキーボードやピアノを担当する他、MCとしても大活躍中。

明るくポジティブなキャラクターの村上は、どんな学生時代を過ごしたのでしょうか。

出身高校、出身中学校などとともに振り返って行きたいと思います。

村上信五の出身地はどこ?

村上は大阪府高槻市出身です。

京都市と大阪市の中間に位置するベッドタウンとして発展し、平地では工業、山間部では農業が盛んです。

近代的な都市部と農村風景を併せ持つ「とかいなか」と自称してます。

村上は出身地をもじり『TAKATSUKING』という名義でソロ曲を発表しています。

TV番組でもよく高槻のことを話しており、地元への愛着が感じられますね。

元関ジャニ∞メンバーの渋谷すばるの実家(大阪府茨木市)とは自転車で10分という近さだそうです。

最寄り駅が隣同士なので、Jr.時代は一緒に電車で仕事に向かっていました。

村上信五の家族構成

村上の家族は両親と弟の4人家族です。

父親

村上のお父さんは広島県の出身で、弁護士をしているそうです。

村上と顔が瓜二つで、関ジャニ∞のメンバーのなかでもよくいじられています。

村上の髪を白髪にするとそそままお父さんになるくらい似ているとか。

ダジャレ好きで食事の前には「いただきマンモス」と挨拶をする愉快なお父さんのようです。

司会業もこなす村上の頭の回転の速さや饒舌さは弁護士のお父さん譲りなのではないでしょうか。

お父さんが弁護士ということで村上は「金持ちの実家は金持ち」というイメージがあるようですが、実際はお金に困っていたようです。

お父さんはお金にだらしなく、村上の貯金箱から「バス代が足りなかったからちょっと借りたわ」などと勝手にお金を抜いていたことも。

芸能活動を始めて家を出た村上に金を催促する電話が入ることもあったようです。

母親:眞弓さん

2012年から「株式会社WFM」という不動産会社を経営しています。

週刊誌などで大阪市から行政指導を受けたと報道されました。

取締役として名を連ねていた村上も「副業では?」と指摘され、謝罪とともに「経営にはノータッチです」と釈明しています。

その後、閉業しているようです。

お母さんはしつけに厳しく約束を大切にする真面目な人柄で、このお母さんの性格がジャニーズ事務所に入るのに影響を与えています。

弟:たいじさん(漢字不明)

村上の6歳下です。

歳が離れていることからあまり一緒に遊んだことはないようです。

2018年のラジオ『関ジャニ∞村上信五とジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』で「弟の方がほぼ一人っ子みたいに育ってる」と漏らしていました。

お母さんが村上の芸能活動のことを教えていなかったため、小学校低学年の頃はTVに映る兄と家にいる兄が同一人物だとわからなかったそうです。

とはいえ兄弟の仲が険悪なわけではなく、たびたびラジオで弟のことを語り、転職ばかりする弟の様子を心配しています。

優しい兄の顔が垣間見えますね。

現在は運送業で働いており、村上も安心しているのではないでしょうか。

村上信五の出身高校は?

村上は地元の金光(こんこう)大阪高等学校に進学していますが、卒業には至っていません。

住所は〒569-0002 大阪府高槻市上牧1丁目3-1です。

偏差値は選考コースによって違いますが、平均で51程度。

普通科特進コースが58、 普通科特進Ⅱコースが52、普通科進学コース45で、村上が進学したのは普通科ではないかと言われています。

私立の中高一貫校で、金光教の信者によってつくられた学校法人で運営されています。

部活ではサッカー部や野球部のほか、吹奏楽部も全国大会で賞を獲得するなど活躍しています。

雨上がり決死隊の宮迫博之や女優の田畑智子の出身校でもあります。

村上信五の高校時代

村上は高校時代にはすでに関西Jrの中心メンバーとして活躍していました。

舞台『KYO TO KYO』やバラエティ番組『Kanjani Knight』に出演し忙しかったため、学業との両立は難しかったようです。

詳しい時期は不明ですが、中退しています。

1999年、17歳のときに『嵐』のメンバー候補になっています。

他の4人はすでに決まっており、5人目は「ゆるゆるなキャラ」を考えていたジャニーさんの意向で候補に上がったものの、結局は選ばれなかったことからファンの間では「幻の嵐メンバー」と呼ぶ声も。

時期は定かではありませんが、大阪府の遊園地でチケットのもぎりやアトラクションの清掃などアルバイトをしていたという情報もあります。

村上信五の出身中学校は?

村上は地元の高槻市立芝谷中学校を卒業しています。

住所は〒569-1025大阪府高槻市芝谷町3-1です

村上信五の中学校時代

中学時代はバスケットボールをしていたそうです。

入学当初は身長が150センチ未満と小柄でしたが、レギュラーになるほどの腕前でした。

1995年、中学2年生のときにクラスメイトであるV6ファンの友人にオーディションを受けてみるよう勧められました。

村上は芸能活動には一切興味がなかったため受け流していました。

その後部活動を引退して、何もすることがなかったため履歴書を送ることに。

1996年、中学3年生のときに応募し書類選考を通ったものの、村上は面倒になってオーディションを受けないと言い出します。

当初は芸能活動を反対していたお母さんですが、「最後まで約束を守りなさい!」と送り出したそう。

こうして無事に合格し、ジャニーズ事務所に入所しました。

面倒になった村上を叱咤するお母さんでなければ、今日の活躍はないかも知れませんね。

オーディション後すぐにKinKiKidsのクリスマスコンサートに横山裕と渋谷すばると共に出演。

その後も2人と共に関西ジャニーズJr.の中心メンバーとして活動していきます。

村上信五の出身小学校は?

村上の出身小学校は高槻市立日吉台小学校です。

住所は〒569-1022大阪府高槻市日吉台一番町24-18です。

2020年に50周年を迎えた歴史ある小学校です。

村上信五の小学校時代

2019年にラジオ『村上信五くんと経済クン』で「この競技やったら、目立てるんちゃうか」と小学校時代にミニバスケットボールを始めたきっかけを語っています。

野球やサッカーのほうが人気があり、周りではバスケットボールをやっている子供が少なかったため、これなら目立てるだろうと考えたようです。

当時から目立ちたがりな性格が覗えますし、その戦略的思考に驚きですね。

幼少期からもっていたこの戦略的思考が、現在村上が活躍している秘訣なのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました