横山裕の出身高校・中学校はどこ?

横山裕は人気グループ関ジャニ∞の最年長メンバーです。

バラエティ番組にも多数出演し、お茶の間でもおなじみの存在ですね。
親しみやすく明るい印象の横山ですが、生い立ちや境遇を調べるとなかなかの苦労人であることがわかりました。

横山裕の出身高校・中学校はどこで、どんな子供時代を過ごしたのかご紹介したいと思います。

横山裕の出身地はどこ?

横山裕こと本名・横山侯隆(きみたか)は大阪府大阪市此花(このはな)区の出身です。

同郷の有名人はお笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉、濱口優など。此花区は2025年の大阪万博開催予定地に決まっています。

横山は出演するラジオなどでもよく家族や出身地のことを語っていて、家族や地元愛に溢れています。TV番組『ジャニ勉』でも自分の地元として此花区をロケする様子が放送されました。

横山裕の家族構成

横山の家族構成は少々複雑です。

両親は横山が3歳のときに離婚しお母さんに引き取られたため、実のお父さんとは疎遠になっています。

横山が5歳のときに再婚し、義理のお父さんができました。しかし横山は新しい父親に馴染めず、頭を叩かれたり怒鳴られたりしたそうです。2019年のNHKの番組『NHKスペシャル 令和家族 幸せ探す人たち』で当時の辛い思い出を語っています。

横山は祖父母に預けられ、両親とは別に暮らしていました小学校低学年のときに祖父が亡くなり、実家に戻りました。

横山のお母さんの名前はミナコさん。横山が16歳のときに2回目の離婚をしています。義父と横山の関係がうまく行かないことに心を痛めての決断ではないかと言われています。
お母さんとは非常に仲がよく、頻繁に家族のことが話題にのぼっていました。
2010年、横山が初めて開催したソロコンサートに駆けつけたお母さんは、横山の活躍する姿を見てとても喜んでいたそうです。

しかしそのわずか数日後、ちょうど青森公演の日にお母さんは倒れてしまいます。すぐに救急車で搬送されましたが、病院に到着したときには亡くなっていたようです。
持病があった情報はないので、本当に急なお別れだったみたいですね。死因は虚血性心疾患で、50歳という若さでの旅立ちでした。
コンサートがあるため駆けつけられなかった横山は、耐えきれず泣いてしまい歌唱できなくなったと参加したファンの目撃情報がありました。

横山には義父との間に生まれた弟が2人います。上の弟さんの名前は勤さんといって6歳下です。

葬儀のときも気丈に振る舞っていた勤さんですが、1週間ほどあとに記憶喪失になったそう。お母さんの急死が受け止められなかったことが原因でした。

勤さんにはお母さんが生きていたころの記憶しかなく、2年ほど経ってやっと、正常な記憶を取り戻したようです。母の急死や弟の異変に横山も相当苦しめられたことでしょう。

2016年ごろ、勤さんは結婚します。横山は結婚式で勤さんが読んだ感謝の手紙で大号泣し、お祝いで吹くはずだったトランペットもうまく演奏できなかったとか。

下の弟さんの名前は充さんといって、8歳下と歳が離れていています。横山の援助で大学に進学した充さんはその後税理士になり、自立しています。

父親代わりとして支えてきた横山は、下の弟の自立にホッと胸を撫でおろしたそうです。

祖父母のもとで暮らしていた横山は、実家に戻るまで2人の弟の面識はまったくありませんでした。それでもしっかり弟の面倒を見る優しいお兄さんだったのですね。

横山裕の出身高校は?

横山は高校には進学していないという噂もありましたが、実は大阪府立西野田工業高校に進学していたという情報が。現在は西野田工科高校という名前に変わっています。

住所は〒553-0007 大阪市福島区大開2丁目17-62で、偏差値は39。

創立100年を超えた歴史と伝統ある高校で、通称「西工」と呼ばれています。全日制と定時制があり横山が入学したのは定時制でした。機械、電気、建築都市工学など工業高校ならではの技術を学び、専門性を生かした就職に強い学校です。

横山裕の高校時代

横山はジャニーズJr.として活動する傍ら、西野田工業高校に入学、さらに建設会社に就職と3足のわらじを履いていました。

レッスンには作業服のニッカポッカで通っていたそうで、「ジャニーズは夢を売る仕事なのでNG」と注意され駅のトイレで着替えてから向かうようになりました。

その後忙しくなったために高校は1年ほどで中退、建設会社も半年ほどで退社しています。

建設会社を辞めた後も日雇いの仕事などしながら芸能活動を続けていたようで、経済的に厳しい生活を強いられていいたようですね。

横山は高卒に対する憧れの気持ちからか、2014年の『関ジャニの仕分け∞』の企画で高校卒業認定試験を受けています。大倉忠義も一緒に受験し見事合格。

そのため、最終学歴は「文部科学省高校卒業程度認定合格」となります。

横山裕の出身中学校は?

横山の出身中学校は、大阪市立此花中学校です。

住所は〒554-0001 大阪市此花区高見2丁目14−31です。

公立の中学校で1961年に開校された歴史の長い学校です。

横山裕の中学校時代

横山は中学時代、バスケットボールに励んでいました。その腕前は大阪選抜に選ばれるほど。

バスケに励む傍ら、アルバイトをしながら家計を支えていたという情報もありました。

中学3年生のときに、同じ年頃の子が活躍している姿を見たお母さんが「うちの子も入れるんちゃうか?」と履歴書を送っています。

書類選考は通りましたが、時当はめずらしい金髪でチャラい印象だったためか審査員の滝沢秀明に落とされています。

偶然にも帰りのトイレでジャニーさんに遭遇し、「YOU、舞台観に来る?」の一言で合格になった強運の持ち主です。

横山裕の出身小学校は?

横山の出身小学校は、大阪市立高見小学校です。

住所は〒554-0001 大阪市此花区高見1丁目3-35です。

横山裕の小学校時代

横山は子供の頃から運動神経抜群で体育が得意だったそう。後にバスケットで大阪選抜に選ばれる素質が子供時代からあったようです。

幼少期、祖父母に預けられていた横山が実家に戻ると、義父からの暴力は激しくなっていったそう。義父は生まれた弟2人には優しく、血のつながらない横山にだけ冷たかったようです。

今現在の横山の親しみやすい明るさからは想像できない苦労が垣間見える幼少時代ですね。

どんな状況でも前向きにという明るい性格は、こういった境遇で生み出されたことがわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました